SEOの基礎知識!検索エンジンが順位を決めている仕組みとは?

Web制作

2016年04月28日

SEOの基礎知識!検索エンジンが順位を決めている仕組みとは?

SEOに取り組むにあたり、検索エンジンについて知っておくことは欠かせません。相手を知らずして、なんて言葉もありますよね。検索エンジンがどのように検索結果を決めているのか、順を追って見ていきましょう。

SEOとは?

SEOとは、Googleなどでの検索結果で上位に表示されるための施策のことです。リスティングなどの広告と比較すると、効果が出るまでは時間が必要です。しかし検索エンジンからの直接の(オーガニックな)流入を向上させることができますし、ホームページの信頼アップにもつながります。Webでは欠かせない施策の一つと言えるでしょう。

なおSEOでは、Googleに対応しておけば問題ないとされています。Googleと並んでYahoo!も大きなシェアを持っていますが、どちらもGoogleの検索アルゴリズムを使っていることがその理由です。ここからは、Googleにフォーカスを絞って話を進めていきましょう。

検索結果が表示されるまでの仕組み

クローリング

Googleはクローラーと呼ばれるプログラムを使って、インターネット上を巡回しています。巡回して何をしているのかと言うと、世界中のホームページを見てまわっているのです。

例えば、新しくホームページを公開したとしましょう。すると時機に、Googleのクローラーがホームページを訪問しにきます。どういったホームページなのか?各ページには何が書いてあるのか?そういったことを確認するのです。これを、クローリングと呼びます。

ところで、ホームページを公開したらすぐにGoogleはクローリングを行ってくれるのでしょうか?答えを言うと、それはノーです。クローラーが訪問してくれるのを待つか、こちらからクローリングを促進する必要があります。

インデクシング

Googleは、クローリングして得た情報をデータベースに保存していきます。これをインデクシングと呼び、ホームページがインデックスされた、と言ったりします。公開してすぐのホームページは、検索結果に出てこないですよね。これは、まだGoogleがホームページをクローリングしてインデクシングを行っていないことが理由です。

クローラーは、ホームページを何回も訪問します。そのため、インデックスされたホームページ情報は随時更新されていくことになります。

ランキング

Googleを使って検索を行うと、検索結果が順番に表示されます。Googleは独自の方法で、検索キーワードごとに検索順位を決定しているのです。これを、ランキングと呼びます。

Googleは検索が実行されたら、さまざまなホームページがインデックスされたデータベースを見に行きます。そして検索キーワードに該当するページを探し、ランキングして、検索結果に表示しています。

あとがき

クローリングは1度だけではないと言いました。クローラーはホームページを何度も訪問して、最新の情報をデータベースに登録していくのです。このため、検索順位は時間とともに変わっていきます。さらに検索アルゴリズムが変更になることも多いので、その時々の状況に合わせて継続的にSEOを行っていくことが大切です。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。