【2016年版】JavaScriptフレームワークの大手4選

Web制作

2016年05月11日

JavaScriptフレームワーク大手4つ

フロントエンドを中心に、最近話題のJavaScriptフレームワークについてまとめました。

React.js

React.js

React.js

Facebookが開発した、オープンソースのJavaScriptフレームワークです。まだ歴史が浅いのですが、AngularJSと並んでJavaScriptフレームワークの筆頭にあげられます。

MVCでいうところのViewを構築するフレームワークで、Fluxという独自のアーキテクチャを採用しています。一方向のデータバインディングや、Virtual DOMが特徴です。FacebookやYahoo!などの大手サイトでも採用されていることからわかるように、スケールもし易いです。

AngularJS

AngularJS

AngularJS

AngularJSは、Googleが開発したJavaScriptフレームワークです。フルスタックのフレームワークで、JavaScriptフレームワークの代表格とも言えます。双方向バインディングや、HTML拡張であることが特徴です。

AngularJSの新しいバージョンであるAngular2も発表されていて、まだベータ版ながら注目を集めています。React.jsと同様、一方向のデータバインディングや、Virtual DOMなどの機能が載せられるようです。

Knockout.js

Knockout.js

Knockout.js

Knockout.jsは、MVVM(Model、View、ViewModel)パターンを実装するためのJavaScriptフレームワークです。HTMLとJavaScriptの役割と明確に分けて、メンテナンスや改修しやすいコードをつくることができます。

特徴としては、データバインディングが充実しているところ。バインディングをカスタムすることも可能です。jQueryなどの外部ライブラリに依存しないことや、シンプルに記述できることもメリットとしてあげられます。

Backbone.js

Backbone.js

Backbone.js

MVC(Model、View、Collection)を採用しているJavaScriptフレームワークです。React.jsやAngularJSほどではありませんが、世界的に使われている人気のフレームワークです。Marionette.jsなど、他フレームワークと組み合わせて使われることも多いです。

割と柔軟性があることが特徴で、スピードや簡易さよりも、長期的にしっかりとプログラムを組む案件に向いているでしょう。なお、Backbone.jsは単体では使うことができず、Underscore.jsというライブラリに依存して動作します。

あとがき

制作する内容や開発チームのスキルによっても、最適なフレームワークは変わります。各フレームワークの特徴を考慮して、上手に使っていきたいものです。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。