人気のPHPフレームワークまとめ!特徴や違いについて解説

Web制作

2016年10月26日

人気のPHPフレームワークまとめ!特徴や違いについて解説

Web系の開発ではPHPは人気ですが、その背景になっているのも便利なフレームワークがあるからでしょう。適切にフレームワークを選択することで、開発を効率的に進めたり、保守管理にかかる工数を減らすことができます。

本記事では、PHPの代表的なフレームワークを6つご紹介しています。各フレームワークの特徴やメリット、デメリットについてもまとめているので、PHPフレームワーク選定の参考にもしていただければと思います。

フレームワークの基礎知識

本題に入る前に、フレームワークとはそもそもどういったものなのか、簡単に復習しておきましょう。

フレームワークとは?

フレームワークとは、簡単に言えばWebアプリケーションを作るために役立つ機能をまとめたもののことです。

Web開発では欠かせないツールにあたり、フレームワークを導入することで得られるメリットは数多くあります。詳しくは後述しますが、開発スピードを上げたり、効率的に開発を進めていくことができるようになるでしょう。

本稿のテーマであるPHPには、特徴の異なるいくつものフレームワークが知られています。他の言語でもさまざまなフレームワークが使われていて、代表的なところだとRuby on Rails(Ruby)やDjango(Python)、React(JavaScript)などがあります。

フレームワークを使うメリット

フレームワークを利用すると、どういったメリットが得られるのでしょうか?代表的なメリットを3つご紹介します。

開発スピードが上がる

フレームワークには、アプリケーションの開発に役立つ汎用的な機能がたくさん備わっています。Webアプリケーションの開発に必要な機能をゼロから作る必要がないので、その分だけ開発工数を減らすことができるのです。フレームワークの作り方に沿って進めていくことで、スピーディに開発を行うことができるでしょう。

不具合を減らすことができる

フレームワークを利用することで、エンジニアが書かなければいけないコード量を大幅に減らすことができます。そのため、入力ミスやロジックの間違いなどのヒューマンエラーを減少させ、結果として不具合が少なくなることが期待できます。

保守や改修がしやすくなる

各フレームワークはそれぞれ、コードの書き方というものが定められています。エンジニアによってコードの書き方にはクセがあるものですが、フレームワークによって書き方の統一ができるようになります。そのため、コードの見通しが良くなり保守管理がしやすくなるでしょう。

PHPのフレームワーク6選

PHPだけを考えても、さまざまなフレームワークが知られています。どれも便利なのですが、制作内容や開発チームのスキルレベルによって、最適なフレームワークは異なります。

ここからはPHPの代表的なフレームワークをご紹介しながら、それぞれの特徴についてまとめています。PHPのフレームワークについて知りたい方や、どのフレームワークを選べばいいのか迷っている方の参考にしていただければ幸いです。

Laravel

Laravel

» Laravel – ウェブ職人のためのPHPフレームワーク

いま最も注目されているPHPフレームワークは何か?と言われればLaravelがあげられるでしょう。登場してまだ数年のフレームワークなのですが、海外ではすでにPHPフレームワークの代表格とも言える存在になっています。日本国内でも徐々に注目度を高めてきています。

処理速度はそれほど高くはありませんが、コードが書きやすく、また見通しがいいことが特徴です。フレームワークとしてのクセも少なく習得がしやすいことも、Laravelが普及している理由になっています。

CakePHP

CakePHP

» CakePHP – Build fast, grow solid | PHPフレームワーク

PHPフレームワークと聞くと、CakePHPを思い浮かべる人も多いでしょう。世界的にはLaravelが急成長していますが、日本ではまだまだCakePHPの人気は衰えを見せていません。CakePHPを採用している事例も多いですし、関連書籍などの情報も豊富です。

CakePHPの特徴としては、簡単に動作することがあげられます。他のフレームワークのように面倒なセットアップも必要ありません。ただし、コーディング規約は割と固めなので、CakePHP特有の書き方に慣れる必要はあります。

Phalcon

Phalcon

» Phalcon – High Performance PHP Framework

Phalconは数あるPHPフレームワークの中でも、処理速度の速さを最大のウリにしています。C言語をベースに開発されていて、さまざまなベンチマークテストでそのスピードを実証しています。

フレームワーク自体はシンプルに作られているのですが、エンジニアが書かなければいけないコード量は少し多めです。現在はそれほど普及していないのですが、速さという特徴は魅力的です。今後にも注目しておきたいフレームワークの一つです。

Zend Framework

Zend Framework

» Zend Framework – Home

拡張性に優れていることが特徴的なPHPフレームワークです。コンポーネントとして、便利なクラスが多数まとまっています。フレームワークとしてだけでなく、ライブラリとしてコンポーネントを利用するケースも見られます。

Zend Frameworkは自由度は高いのですが、それと引き替えに手間はかかります。開発をすぐに始めたい場合は、他のフレームワークを選んだ方がいいでしょう。

Symfony

Symfony

» Symfony, High Performance PHP Framework for Web Development

CakePHPやLaravelほどではありませんが、SymfonyもPHPフレームワークの中では大手の部類に入ります。MVCフレームワークのMojaviを基に作られていて、機能拡張性などに優れていることが特徴的です。

スピードよりも機能を重視する場合や、大規模なWebアプリケーションの開発に向いているフレームワークです。

CodeIgniter

CodeIgniter

» CodeIgniter Web Framework

CodeIgniterも大手のPHPフレームワークとして有名です。習得も難しくなく、軽量でコード量が少ないことがメリットとしてあげられます。学習コストも高くはないので、取り組みやすいフレームワークと言えるでしょう。比較的規模の小さなアプリケーションに向いています。

CodeIgniterは世界的に広く使われていたフレームワークなのですが、バージョン3.0の開発時にライセンスの問題を引き起こしています。それが原因になってユーザー離れがあったのですが、開発元やMITライセンスへの変更が行われた結果、現在ではライセンスの問題は解消しています。

あとがき

PHPの代表的なフレームワークについてまとめました。記事で解説したように、Webアプリケーションの開発ではフレームワークの利用は欠かせません。実際に開発を行うエンジニアにとっては、もちろん必須の知識です。デザイナーやディレクターなどの非エンジニアにとっても、Web開発の基礎知識として知っておきたいところです。記事でご紹介した以外にもさまざまなフレームワークがあるので、シーンに応じて使い分けていくようにしましょう。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。