WordPressでECサイトを作るためのテーマ12選

WordPress

2016年07月01日

WordPressでECサイトを作るためのテーマ12選

WordPressはECサイトをつくることもできます。もともとWordPressは、ブログコンテンツの管理に向いているCMSでした。たくさんの商品管理をしなければいけないECサイトとは、もともと親和性が高いのです。

本記事では、WordPressでECサイトを作るときにオススメのテーマをご紹介します。基本はレスポンシブ対応なので、スマホやタブレットでも綺麗に表示されます。WooCommerceやWelcartなどのEC系プラグインと連携できるテーマも多く、思いのほか簡単にECサイトがつくれます。

ECサイトに使えるオススメテーマ12選

Storefront

Storefront

https://ja.wordpress.org/themes/storefront/

WooCommerceに対応した、無料のWordPressテーマです。レイアウトの変更や配色、ウィジェット機能も充実しています。シンプルで清潔感のあるデザインも魅力ですが、カスタマイズ性に優れているところもいいですね。レスポンシブ対応です。

Shopping

Shopping

https://wordpress.org/themes/shopping/

こちらもWooCommerceに対応した、レスポンシブ対応のWordPressテーマです。シンプルで柔軟性に優れたOmegaテーマの子テーマにあたります。Shopping自体もシンプルにつくられていて、商品の映えるECサイトをつくることができます。

Kancing

Kancing

http://tokokoo.com/product/-fashion-woocommerce-wordpress-theme/

アパレルに向いているWordPressテーマです。WooCommerceに対応しています。Visual Composerを使って、ドラッグアンドドロップなどの直感的な操作でページをカスタマイズすることができます。ページのテンプレートも複数用意されていて、ECサイト以外にも会社サイトや個人サイトにも利用できます。HTML5やCSS3にも対応していて、All in One SEO PackやSEO by YoastなどのSEOプラグインも問題なく動作します。

Make

Make

https://wordpress.org/themes/make/

WooCommerceに対応したWordPressテーマです。縦長の写真が使えるので、アパレルなど全身コーディネートを見せたい場合に向いています。商品詳細ページはシンプルにつくられていて、説明文が大きく表示されるレイアウトになっています。

Mystile

Mystile

https://www.woothemes.com/products/mystile/

WooCommerceに対応したレスポンシブ対応のWordPressテーマです。無料でダウンロードできるのですが、サポートを受けたい場合はWooThemesから購入する必要があります。ウィジェットを活用したり、配色をカスタマイズすることができます。デモページを見るとわかるのですが、とても軽快に動作してくれます。ともするとECサイトはデータ量が多くなって重くなってしまいがちなので、ストレスなく使えることは大きなメリットになります。

PANTHEA

PANTHEA

https://yithemes.com/blog/free-themes/panthea-multi-purpose-e-commerce-theme/

無料で使えるECサイト向けのWordPressテーマです。WooCommerceに対応しています。見た目はシンプルですが、非常に高機能なテーマです。画像も表示出来るメガメニューや商品の検索、フォントやレイアウトのカスタマイズも可能です。ウィッシュリストや画像のズームなど、ユーザビリティに配慮した機能も使えます。サポート付きのプレミアム版も提供されています。

Boutique

Boutique

https://wordpress.org/themes/boutique/

Boutiqueはラグジュアリーに最適なWordPressテーマです。前述のStorefrontの子テーマにあたり、WooCommerceに対応しています。Storefrontと同様にシンプルな作りになっていて、洗練されたデザインににすることでできます。

Blanc

Blanc

https://ja.wordpress.org/themes/blanc/

Welcartに対応したWordPressテーマです。白を基調にしていて、清潔感のあるデザインをしています。ECとブログが共存できるかたちになっているので、オウンドメディアを併設するといった使い方もできます。画像スライダーやライトボックス、フォームのバリデーションも備わっています。

riffles

riffles

https://blog.u-hg.com/riffles_demo/

ECサイト専用の、無料のWordPressテーマです。ECプラグインのWelcartに対応しています。レコメンドやSNSシェア、高画質画像の表示もできます。更新が頻繁に行われているところも好印象です。レスポンシブ対応。

Twenty Eleven eCommerce

Twenty Eleven eCommerce

http://thecartpress.com/extend/product/twentyeleven-ecommerce/

Welcartに対応した、無料のWordPressテーマです。テーマ名称の通り、WordPress公式テーマであるTwenty Elevenをベースにしたものです。勝手知ったるデザインや機能が使えることがメリットですね。Twenty Elevenはユーザー数も多く、その子テーマであるTwenty Eleven eCommerceは安心感もあります。

Centrino

Centrino

http://wpeden.com/product/centrino-wordpress-ecommerce-theme/

EC系プラグインのWP Marketplaceに対応した、無料のテーマです。Centrinoと併用することで、簡単にECサイトをつくることができるでしょう。Centrinoの特徴は、CSSフレームワークのTwitter Bootstrapを使っていることです。高機能なCSSフレームワークなので、知識さえあればハードにカスタマイズすることができます。ギャラリーやブログ、チャットなどのフォーマットにも対応しています。

Market

Market

http://demo.inkhive.com/market/

トップのスライダーが目を惹くWordPressテーマです。均一なグリッドを使っていて、フォーマルな雰囲気に合うスタイリッシュなデザインになっています。商品をソートしたり、レビュー機能も備わっています。

あとがき

ECサイトが作れるWordPressテーマについてまとめました。それぞれデザインも異なるので、販売する商品に合わせて最適なテーマを選ぶようにしてください。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。