WordPressでバックアップが取れるプラグイン4選

WordPress

2017年03月15日

WordPressでバックアップが取れるプラグイン4選

バックアップの取れるWordPressプラグインについて解説します。バックアップを取るべき理由や最低限バックアップすべきファイルについてもご紹介していますので、併せて参考にしていただければと思います。

バックアップの基礎知識

はじめにバックアップの基礎知識として、バックアップを取るべき理由やその方法についてまとめておきましょう。

バックアップをとるべき理由とは?

みなさんはサイトを運営していて、下のような経験をしたことはありますか?

「ページがまっ白になってしまった」
「エラーが表示されてしまう」
「管理画面にログインできなくなった」

サイト運営をしていると、案外こういったトラブルに遭遇することがあります。人的ミスが原因の時もありますし、プラグイン同士の相性が悪い時や、もしかするとサイトがハッキングされている可能性だって考えられます。

こういった不慮のトラブルに遭った時に、バックアップは非常に助かります。バックアップとは、サイトが正常な時のファイル一式のこと。サイトにトラブルが起きても、バックアップがあればすぐに元の状態に戻すことができるのです。

バックアップは普段は全く必要のないものなので、バックアップを取っていないサイトも案外多いでしょう。しかし、何かが起こってからでは遅いのです。サイト運営をしているのであれば、バックアップも必ず取るようにしてください。

バックアップを取る方法

バックアップを取るには、おおまかに2つの方法があります。一つは手動で取る方法で、もう一つはプラグインを使って自動でバックアップを取る方法です。順に見ていきましょう。

手動でバックアップを取る

まずは手動でバックアップを取る方法から。

WordPressサイトの場合、バックアップを取るべき対象はファイルとデータベースがあります。主だったものをリストアップしておきましょう。

ファイル WordPress本体のファイル
テーマ
プラグイン
メディア(画像、動画)
データベース MySQLデータベース

手動でWordPressのバックアップを取る場合、こういったファイルやデータを抜け漏れなく保存する必要があります。バックアップは定期的に実施する必要があるので、これを手作業で行うのはちょっと面倒に感じます。

プラグインを利用する(自動)

そこでおすすめなのが、プラグインを利用する方法です。初期設定こそ必要ですが、それ以降はプラグインが自動でバックアップを取ってくれます。ビギナーでも安心してバックアップが取れますし、人的ミスの危険性もなくなります。

さらに、ただ単にバックアップを取るだけではなく、対象ファイルを細かく設定したり、スケジューリング、リカバリーなどの機能が備わっているプラグインも多いです。特別な理由のない限り、バックアップ系プラグインの利用を強くおすすめします。

ビギナー向け!簡単にバックアップが取れるプラグイン4選

それでは、バックアップが取れるプラグインについてご紹介していきましょう。ここではビギナーでも簡単な操作で使えるプラグインに限定してご紹介していきます。

上述したように、バックアップはサイトの運営では日常的な業務の一つです。機能だけではなく、使い勝手も業務効率に大きく影響するので、自分に合った使いやすいプラグインをぜひ見つけてください。

BackWPup

BackWPup

» BackWPup – WordPress Backup Plugin — WordPress Plugins

BackWPupは、WordPressのバックアップ系プラグインとしては非常に有名です。使いやすいので評価が高いですし、プラグインの更新もしっかりと行われています。

BackWPupの特徴として、自動でバックアップが取れることがあげられます。バックアップはjobと呼ばれる単位で実行されるのですが、これを実行させるタイミングを任意に設定できるのです。月一でもいいですし、数時間ごとに実行させることもできます。

バックアップの対象も自由に設定できますし、バックアップしたファイルはzipやtarなどの形式に圧縮することも可能です。バックアップの保存先には、パソコンのローカル以外にも、DropboxやAmazon S3、SugarSyncなどが設定できます。

WordPress Backup to Dropbox

WordPress Backup to Dropbox

» WordPress Backup to Dropbox — WordPress Plugins

その名の通り、ストレージサービスのDropboxにバックアップを保存することができるプラグインです。Dropboxを使っている方も多いと思うので、バックアップも含めて一元化できるのは便利ですね。

他のプラグインのように、バックアップの対象やバックアップを実行する頻度を指定することもできます。WordPressのファイルだけでなく、データベースも一緒にバックアップ可能です。

Backup Guard

Backup Guard

» Backup — WordPress Plugins

サイトのバックアップを丸ごと取ることのできるプラグインです。WordPressのファイル一式と一緒にデータベースのバックアップを取ることができます。バックアップ対象のファイルを指定することも可能です。

Backup Guardには無料版と同時に、有料のプロ版もリリースされています。プロ版では、バックアップのスケジュールやサイトの移行、DropboxやGoogle Driveなどのストレージサービスとの連携、メール通知などの機能が提供されています。

WP-DBManager

WP-DBManager

» WP-DBManager — WordPress Plugins

WP-DBManagerはその名の通り、WordPressサイトのデータベース管理のためのプラグインです。

WordPressサイトはデータベースに投稿や設定などの情報を格納しています。そのため、サイトの運営や改善でデータベースを整理整頓したいことが出てきます。WP-DBManagerはまさにそのためのプラグインで、データベースの管理をすることができます。

データベースのバックアップや最適化、修復、復元、削除などの操作ができます。他のプラグインと同じく、バックアップのスケジュール機能も備えています。

あとがき

WordPressサイトのバックアップが取れるプラグインについて解説しました。普段はバックアップの必要性は感じないものですが、だからといっておざなりにしていいものではありません。いざというときのためにも、日ごろからしっかりとバックアップを取っておくようにしましょう。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。