WordPressのユーザー管理系プラグインまとめ

WordPress

2017年03月10日

WordPressのユーザー管理系プラグインまとめ

WordPressのユーザー管理系のプラグインについてまとめました。より細かく機能を割り振ることができるので、非常に便利です。ユーザー権限に少しでも不満があればぜひ導入を検討してみてください。
後半では、会員サイトの作成に役立つプラグインについても紹介しています。

ユーザーとは?

さて、本題に入る前にWordPressのユーザーについて簡単に復習しておきましょう。

ブログやコーポレートサイト、ECサイトなど、ありとあらゆるWebサイトが制作できるWordPress。このWordPressを使うには、ユーザーが必要です。記事を公開したりページを追加するには、作成したユーザーでダッシュボードにログインをしなければいけないのです。

WordPressのユーザーには、大きく分けて5種類の権限が存在しています。それぞれ出来ること(割り振られている機能)が異なるので、ユーザーごとに権限を使い分けていくことになります。

各権限の違いを表にまとめておきましょう。

ユーザー 出来ること
管理者 全ての機能が使用できるユーザー。
編集者 記事の投稿や公開、編集に加えて、カテゴリーや固定ページの管理も可能。
投稿者 記事の投稿や公開、編集が可能なユーザー。
寄稿者 記事の投稿はできるが、公開はできないユーザー。
購読者 最も権限が少ないユーザー。記事の投稿はできず、閲覧のみ可能。

各権限の違いについては、下の記事でも解説しています。

» WordPressのユーザー権限の違いと注意点

WordPress公式のオンラインマニュアルにも解説があります。

» ユーザーの種類と権限 – WordPress Codex 日本語版

ユーザー管理系プラグイン2選

WordPressでサイト運営をしていると、上の5種類のユーザーだけでは少し不便に感じる時が出てくるものです。そこでおすすめなのが、本稿でご紹介するユーザー管理系のプラグインです。各ユーザーに割り振る機能を、任意に設定することができるので便利です。

User Role Editor

User Role Editor

» User Role Editor — WordPress Plugins

User Role Editorは、ユーザーごとに細かく機能を割り振ることができるプラグインです。機能の一覧表から、割り振る機能にチェックを入れて「Update」ボタンをクリック。たったこれだけの操作で各権限の機能を任意に設定することができます。

WordPressでは5つのユーザー権限が用意されていますが、より細かく機能を割り振りたい時は5つでは足りないこともあるでしょう。User Role Editorは新しくユーザーを作成することができるので、シーンに応じて自由にユーザーを追加したり削除したりできます。

その他にも、複数ユーザーの権限を一括して編集したり、ユーザーに複数の権限を割り当てることも可能です。管理しているユーザーが多い時にも、役に立ってくれることでしょう。

WordPress Role Manager

WordPress Role Manager

» WordPress Role Manager download | SourceForge.net

User Role Editorと同じく、ユーザーごとに割り当てる権限を細かく設定できるプラグインです。使い方は上記のプラグインと似ていて、割り当てる機能をチェックボックス形式で選択していきます。

ユーザー権限(本プラグインでは、「役割グループ」と読んでいます)を新規に追加したり、名称を変更することも可能です。ユーザー権限を細かく設定しても、管理がしやすいでしょう。

なおWordPress Role Managerは無料のプラグインです。気になった方はまずは利用してみてはいかがでしょうか。

会員サイト向けプラグイン3選

会員サイトを制作・運営する場合も、細かくユーザー権限を設定する必要があります。上記のプラグインを使ってユーザー管理をしてもいいのですが、会員サイト専門のプラグインを利用するのもいいでしょう。最後に、会員サイトの構築に役立つプラグインを3つご紹介します。

Members Only

Members Only

» Members Only — WordPress Plugins

WordPressで作成したサイトは、公開さえしていれば誰でも閲覧することができます。会員制サイトなど、特定のユーザーにのみページを公開したいのであれば、これでは不便です。

Members Onlyはこれを解決してくれるプラグインで、ログインしているユーザーにのみページを表示することができます。対象は、投稿の詳細ページと固定ページの詳細ページのみ。投稿の一覧やアーカイブなどは、ログインしていないユーザーに対しても表示されます。

なお、ログインしていないユーザーに対しては指定したページ(WordPressのログインページなど)にリダイレクトさせることが可能です。

WP-Members

WP-Members

» WP-Members: Membership Framework — WordPress Plugins

WP-Membersはさらに実用的な会員制サイトを作りたい場合におすすめのプラグインです。ユーザー(会員)の新規会員登録やプロフィール閲覧なども組み込むことができます。ウィジェット形式でログインフォームを設置することも可能です。

新規会員登録では、項目を細かく設定することも可能です。管理しているサイトごとに、細かく内容を指定することができるでしょう。

もちろん、Members Onlyのように閲覧制限をかける機能も備えています。投稿や固定ページに一括して閲覧制限をかけられるだけでなく、任意の投稿や固定ページごとに個別に制限をかけることも可能です。

Theme My Login

Theme My Login

» Theme My Login — WordPress Plugins

WP-Membersと同じく、会員制サイトの構築に特化したプラグインです。ログインしているユーザーのGravatarが表示できるなど、細かい部分まで機能が行き届いています。

主な機能ですが、会員向け新規登録ページ、ログインページ、パスワード再発行ページの設置ができます。また、サイドバーにログインウィジェットを設置することも可能です。

ユーザー登録やパスワード再発行時のメールをカスタマイズしたり、メールアドレスの確認を要求することもできます。

あとがき

WordPressのユーザー管理系のプラグインを5つご紹介しました。ユーザーごとに機能を割り振ったり、会員サイトの制作に役立つものまでありました。ユーザー機能を使いこなすことで、WordPressサイトの管理が捗るはず。上手に活用していただければと思います。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。