WordPressのユーザー権限の違いと注意点

WordPress

2016年05月20日

WordPressのユーザー権限の違いと注意点

WordPressサイトを運用するなら、ユーザーの管理をしっかりとしなければいけません。そのために知っておきたいのが、権限です。本稿では、それぞれのユーザー権限の特徴や、注意点についてまとめています。

ユーザー権限の種類

WordPressには5つのユーザー権限があります。それぞれどういったことができるのか、簡単に解説していきましょう。

※使える機能が多い順に、ご紹介しています。

管理者

全ての機能が使える権限です。投稿や固定ページはもちろんのこと、WordPressの設定やテーマ・プラグインの管理、ユーザー管理も行うことができます。

編集者

管理者の次に、使える機能が多い権限です。投稿や固定ページの管理(新規作成、編集、公開、削除)や、カテゴリーの管理も使えます。ただし、管理系の機能は使えません。

投稿者

投稿の新規作成や編集、公開ができる権限です。画像などのメディアライブラリも管理でき、投稿まわりの機能は一通り備わっています。ただし、他のユーザーが作成した投稿については編集できません。

寄稿者

投稿の新規追加や編集のみできる権限です。投稿を公開することはできず、「レビュー待ち」までのステータスしか使えません。メディアライブラリも使えないので、画像も使用できません。

購読者

使える機能が最も少ないユーザー権限です。記事を閲覧することしかできません。会員向けの限定コンテンツを提供するときなど、利用シーンは思いのほか多いかと思います。

ユーザー権限の注意点

ユーザー権限の注意点として最も大事なのは、適切な権限を選ぶことです。

例えば、投稿の編集をする人を「管理者」にしておくことは良くありません。「編集者」にしておくべきでしょう。ユーザーごとに、ちょうど良い権限を選ぶことが大事なのです。

あとがき

意識していない方も多いのですが、ユーザー権限はとても大事です。サイトの運用を効率的に行うためにも必要ですし、セキュリティを向上させることにもつながります。上手に活用していきましょう。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。