WordPressのパーマリンク設定

WordPress

2016年06月15日

WordPressのパーマリンク設定

WordPressのパーマリンク設定についてご紹介します。WordPressサイトを制作する場合は、できるだけ早い段階でパーマリンクの設定をするようにしましょう。

パーマリンクとは?

WordPressはブログなどのコンテンツが便利に使えるツールです。投稿や固定ページを追加した時も、自動で任意のURLを割り当ててくれます。ページごとに割り当てられているURLのことを、パーマリンクと呼びます。パーマリンクとは、英語で書くとPermanent Linkとなります。「ずっと変わらない(Permanent)」「リンク(Link)」という言葉から、そう呼ばれています。

実際にパーマリンクを見てみましょう。当ブログの、下の記事を参考にします。

CSSコーディングを効率化する!SCSSの特徴と基本的な使い方

こちらのページには、下のようなURLが割り当てられていますね。

https://kumaweb-d.com/wp/web/basics-of-scss/

このうち、下記の部分がパーマリンクにあたります。

web/basics-of-scss/

WordPressでは自動でパーマリンクが割り当てられるのですが、任意の文字列に変更することもできます。ここからは、パーマリンクを変更する方法について見ていきましょう。

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定方法です。パーマリンクは非常に奥が深い機能なのですが、本稿ではごく基本的な設定についてご紹介します。

WordPressの管理画面をひらいたら、画面左側のメニューから「設定」-「パーマリンク設定」の順に選択します。

パーマリンク設定を選択

パーマリンク設定の画面が表示されました。

パーマリンクの設定画面

「共通設定」欄に、パーマリンクの構造が6つ記載してあります。この中から、ホームページで使うパーマリンクを選べば設定完了です。

基本 URLの末尾に変数名がついたかたちです。
日付と投稿名 年月日と投稿名を組み合わせます。
月と投稿名 年月と投稿名を組み合わせます。
数字ベース 「/archives/123」などのように、末尾に数字を付けます。
投稿名 ページごとに投稿名を指定します。
カスタム構造 自由にパーマリンクをカスタマイズします。

どの構造を選べば良いのかは、一概には言えません。SEOや運用の手間などを考慮して、選ぶようにしてください。

あとがき

パーマリンクは、ホームページの制作時に設定するようにしてください。また、一度決めたパーマリンクは変更をしないようにしましょう。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。