Chrome拡張機能で作業効率化ができた!使えるアドオン7選

Web制作

2022年02月22日

前回までに修正指示や共有に無料で使えるツール「AUN」と「MONJI」のご紹介をしました。効率化に役立つツールも年々増えてきていますね。

個人作業の効率化においては、ブラウザのGoogleChromeに追加して使う拡張機能(アドオン)が非常に充実してきています。


https://chrome.google.com/webstore/category/extensions?hl=ja

WEB制作に関わる皆さんの中でも活用している方が多いですね。
※開発の方にオススメの拡張機能は過去記事「【みんな使ってる!】Chromeの拡張機能紹介」でご紹介していますので御参考にしていただければ幸いです。

■GoogleChromeアドオンのメリット
ブラウザを直接カスタマイズしていくので、ブラウザ画面から移動せずワンクリックで操作できるのが特に便利なところ。作業中にブラウジングすることの多いディレクター職の方々の利用が多いような気がします。

今は15万以上の種類が公開されているようです。探すのも一苦労ですね。また、その中には悪意を持って公開されているものもあるので、入れる際には一定のチェックを行ってからインストールがオススメです。

○アドオンの安全性チェック
・長期間更新されていないものは避ける
・レビューを読んで評価を確認
・利用者がある一定数いそうなもの
・開発者、開発企業の実績 など
 
確実に危ないものを避ける方法はないのですが、これらの項目をチェックすると最低限の確認ができます。また、利用者が多く、インターネット上でもさまざまなユーザーによるレビューが確認できるものを入れるとより安心です。

では、作業効率化に使えるアドオンを7つ、ご紹介します。

1. MarkUp For Chrome

スクリーンショット(キャプチャ)に文字を書けるアドオンです。
「スクショしてから画像編集ソフトで文字を書く」という手間がなくなります。

<使い方>
①ブックマークバーに追加された「MarkUp」アイコンをクリック
②「MarkUp」にサインアップ(GoogleのアカウントでOKです)
③メニュー「CreateMarkUp」から該当ページをスクリーンショット→編集

ファイル保存のためサインアップが必要ですが、Googleのアカウントで登録できました。
ログインした状態になると、メニューが表示されるので、そこからスクショして文字を乗せたり、コメントを書いたりしていきます。

コメントを書き終えたら、右下の「Share」ボタンからメールで送るかもしくはURLをコピーして共有します。

ログインして利用しているので、コメントを入れたファイルはMarkUpアドオンの管理画面に保存されます。

2. Zoom Scheduler

オンライン会議も増えると、会議のURL管理も大変になってきますね。
このアドオンを入れるとChrome上のアイコンやGoogleカレンダーからZoomのミーティングを立てることができるようになります。セキュリティ面もZoom公式なので安心です。

<使い方>
①ブックマークバーに追加された「Zoom」アイコンをクリック
②Zoomにログイン
③「Zoom」アイコンからスケジュールを立てる/ミーティングを始める

すぐスタートさせたい時など、わざわざZoomのページへ移動しなくても始められるので、ほんとに便利です。

■GoogleカレンダーにもZoomアイコンが追加されます

Googleカレンダーから設定するとミーティング時間とURLを参加者に一度にメールで送ることもできますし、自身もカレンダーの詳細を見るとURLがメモされているので、「この会議のURLは?」と迷うことがありません。

3.GoFullPage

ページ全体をスクリーンショットし、画像やPDFで保存できるアドオンです。
スクリーンショット機能はパソコンにもデフォルトで付いていますが、DLのファイル形式をpngもしくはPDFと選べて使いやすいです。

<使い方>
①ブックマークバーに追加された”カメラ”アイコンをクリック
②ページがスクロールされスクリーンショットが撮れたら保存形式を選択

ファイル形式はPDF/pngのどちらかを選んでDL。

PDFになるのが便利ですね。そのまま送りやすいですし、印刷もしやすいです。
スクリーンショットはいろいろな選択肢がありますが、PDFによく変換する方はこのアドオンは便利だと思います。

4.The QR Code Extension

ブラウザで表示しているページURLをすぐQRコードにできるアドオンです。
スマホで見せたいときや、オンライン会議でリンクを送りたいときに使うと便利です。

<使い方>
①QRコードにしたいURLをChromeで開き、ブックマークバーに追加された”QRコード”アイコンをクリック
②QRコードが表示されたら、メニュー「Edit this QRcode」よりQRコードのダウンロードや編集も可能

表示したQRコードはダウンロードできるので、QRコードを作成したいときもこのアドオンの機能だけで完結できます。

時短に関していえばほんの少しの変化ですが、リンクをチャットで送るということがなくなるので使い始めると便利でやめられなくなる機能です。

5.Evernote Web Clipper

メモアプリの「Evernote」公式アドオンです。
ブラウザで表示しているWEBページをEvernoteに保存する機能があり、【スクリーンショット+ブックマーク】の役割を果たしてくれます。表示されているままを保存して共有できるので、アイデア出しのときに役立ちます。

保存するときにページ全体か、必要な範囲だけかなど簡単に選択できるのも便利な点です。

<使い方>
①Evernoteのアカウントを作る
②アドオンからEvernoteにログインする
③保存したいページをChromeで開く
④ブックマークバーの「Evernote」アイコンをクリックして保存or保存範囲等を選ぶ

ページがそのまま保存されるのでテキストがコピペできるのも魅力です。

デザイン系より記事系の制作時に便利ですね。
記事は数日経つと消えてしまうこともありますが、今見ている状態のまま保存できるので、リアルタイムで変動するコンテンツの保存に活用できます。

6.Checker Plus for Gmail

Gmailの通知をChrome上に出したり、メールを管理したりできるアドオンです。

このアドオンはかなり細かくカスタマイズできるので、時間帯を区切ってメールの通知を受けたり、設定しておいて必要なメールだけを通知したりすることが可能です。

<使い方>
①アドオンをインストールしたら開く画面内にあるカスタマイズ画面から好みにカスタマイズする
※インストールしたままで細かくカスタマイズしないでおくと、ブックマークバーにGmailアイコンと未読数が表示されます。

Gmailの見逃し防止のため着信音を鳴らすのがこのアドオンの大きな役割ですが、その着信を受ける時間帯を細かく設定しておくとより便利です。

【カレンダーにあるイベント中は非通知】があるので、↑上記で紹介した「Zoom Scheduler」と合わせて使うと、オンライン会議中の通知オフが自動でできるようになります。

そのほか定例の会議中のオフや、プライベート時間にオフにするなど、うまくカスタムして使いたいアドオンです。

7.Committed

Chromeの画面上でタスクメモ(todoリスト)できるようになるアドオンです。ブラウザのタブを開くと、todoリストが表示されます。

電話中やオンライン会議中のメモや、メールやチャットで投げられてきたタスクもブラウザ上でスムーズに記録できます。

<使い方>
①新しいタブを開くとtodoを書き込んだり、以前書き込んだものが表示されたりします
②書いたtodoはドロップアンドドラッグで表示順が変えられます

デザインもシンプルで、todoとしてだけでなくメモ機能としても。動きも軽くて、洗練されています。

まとめ

今回紹介したアドオンの中には、ZoomやEvernoteの公式アドオンもありました。最近はWEBサービスが公式に開発したたアドオンも公開されているので、普段使っているサービスにアドオンがあれば、それから使い始めてみると敷居が低いと思います。

たくさん入れるとブックマークバーが埋まってきてしまうので、入れたけれど使わなくなったアドオンはこまめに削除するとブラウザも軽量化されます。

自分にぴったりなアドオンがほしいなと思ったら、Twitterで探すとクチコミが寄せられていて見つけやすいです。最後に紹介させていただいたtodo管理の「Committed」はTwitterでたくさんユーザーさんがいたので発見できたアドオンです。皆さまの作業効率化に役立てていただければ幸いです。

今すぐ無料で見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」
そんな時は、制作会社様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまwebにご依頼ください。

カテゴリ

最新記事

今すぐ無料でお見積もりを依頼する

「納期に間に合わない!」「スタッフの手が空かない!」「技術的に対応できない!」そんな時は、制作業者様とのやり取りに特化した、信頼と安心のくまWebにご依頼ください。